引っ越しのシーズンと注意点。

引っ越しにはシーズンがあります。1月の下旬から3月にかけては、入学や就職などで引っ越しをする人が多く、引っ越しのピークとも言えます。4月中旬以降はピーク後ですから、比較的落ち着いた時期となります。

 

引越しの多いシーズンに引越しする入居先

 

最も混みあうのは3月。1月から2月上旬に引っ越しするひとはまだそれほどまでは多くないのです。入試が終わり、結果が出そろってくる2月下旬から3月は、皆さん新しく住む物件探しを進め、そして入居先が決まれば引っ越しします。ですので、引っ越し業者もフル稼働。こちらのスケジュールなどの要望に沿ってもらう事が難しくなったり、料金的にも特にメリットはなかったりするので、できればそれまでには引っ越しをすませておきたいものです。

 

ただ、3月が最も混みあうといっても、予約が始まるのは1月から。早めに予約をしないと、料金が安くならないばかりか、希望日の日程を押さえられなくなります。特に土日は難しくなってきます。

 

また、この時期は真冬。とても寒い時期ですし、場所によっては雪など、思わぬ悪天候や通行止め等で、引っ越し作業がスムーズに進まないということも考えられます。スケジュールにゆとりをもって、余裕をもって引っ越し出来るようにするとよいでしょう。同じ3月でもやはり土日祝日よりは勿論平日のほうが割引き価格となるところが多いですし、色々な引っ越し業者に問い合わせて、見積もりを比較して、料金の交渉はしっかりして、満足のいく引っ越しができるとよいですね。真冬の引っ越しはインフルエンザなど体調にも注意してくださいね。